ナイト・ドクター:“深澤先生”岸優太がさらなる“覚醒” 「顔つきが全然違う」演技力に反響 毎話トレンド入りの人気も

連続ドラマ「ナイト・ドクター」最終話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「ナイト・ドクター」最終話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)最終話が9月13日に放送された。同話では、一人で事故現場に向かった深澤新(岸優太さん)が医師としてさらなる活躍を見せ、視聴者から「深澤先生かっこいい……」「覚醒した完全に!」「成長すごい」「本当に頼もしくなった」「もう立派な一人前のドクター」と反響を呼んだ。

 本作は、夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」の5人の医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合う姿を描く“青春群像医療ドラマ”。最終話では、3件の事故が同時発生し、深澤、朝倉美月(波瑠さん)、高岡幸保(岡崎紗絵さん)が一人ずつ各現場へ向かうことに。

 深澤が駆け付けた現場には、コンベヤーに脚をはさまれた患者の姿が。容体はどんどん悪化していき、命を救うためには脚を切断するしか方法はない。意を決した深澤は処置の準備に取りかかる。

 しかし、患者の同僚からは「こいつの体を何だと思ってるんだよ! 物じゃねぇんだよ!」という声が飛び出す。深澤は「自分は行きたくても生きられなかった人たちをたくさん見てきました」「今ならまだ助けられる」と伝え、「彼に生きていてほしいと思うなら黙っていてください!」と一喝。そして自力で処置を施し、患者を病院まで搬送する……という展開だった。

 内科医から救急医に転向した深澤は当初、仕事にやりがいを求めないスタンスで、過酷な救急の現場からも逃げ出したいと思っていたが、徐々に経験を重ね、今ではナイト・ドクターの仕事に誇りを持つまでに成長した。

 SNSでは「初回の深澤先生と最終回の深澤先生はもう別人」といった声が上がったほか、「顔つきが全然違う」「覚悟と責任を背負った男の顔してた」「深澤先生の変化がしっかり伝わってきた」と、演じる岸さんの演技力にも注目が集まった。

 また、ツイッターでは「深澤先生」がトレンド入り。初回から最終話まで毎話トレンド入りする人気の高さを見せた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る