プロミス・シンデレラ:最終回視聴率番組最高9.6% 二階堂ふみに執着する松井玲奈 眞栄田郷敦は監禁され…

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」最終回のワンシーン (C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」最終回のワンシーン (C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」最終回が9月14日に放送され、平均視聴率(世帯)は番組最高となる9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。人生崖っぷちのアラサー女子・桂木早梅(二階堂さん)が金と人生をかけた“リアル人生ゲーム”に挑む姿を軸に、高級老舗旅館の若旦那・片岡成吾(岩田剛典さん)と、成吾の弟の高校生・壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係、旅館関係者を巻き込んだ恋模様を描く。

 最終回では、帰宅しない壱成を捜す早梅のスマホに、監禁された壱成の画像が送られてくる。送り主は菊乃(松井玲奈さん)。早梅に話を聞いた成吾は、ある言葉をヒントに、監禁場所の手掛かりを知る方法を思い付く。その頃、壱成は、なぜそれほど早梅に執着するのか、と菊乃を問い詰めていた。

 やがて監禁場所を確信する成吾。早梅は旅館を飛び出し、壱成の元へ走るが……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る