ルパンの娘:Lの一族、通天閣のビリケンさん盗む 犯行メッセージも 映画PRの一環で

Lの一族によって“盗まれた”ビリケンさん(C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会
1 / 6
Lの一族によって“盗まれた”ビリケンさん(C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会

 女優の深田恭子さん主演の連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)シリーズの“最終章”を描く「劇場版 ルパンの娘」(武内英樹監督)が、10月15日に公開される。プロモーションの一環として、本作に登場する伝説の泥棒一家・Lの一族によって、大阪のシンボル・通天閣(大阪市浪速区)に展示されている「ビリケンさん」が盗まれた、というイベントが行われている。

 ビリケンさんが置かれていた通天閣の地下1階には、「ビリケンさんはいただいた。Lの一族」という犯行メッセージとともに、ビリケンさんが鎮座していた台だけが残っている。なお、通天閣の展望台に安置されているもう一体のビリケンさんは、通常通り展示されている。

 「ルパンの娘」は、横関大さんの同名小説(講談社文庫)シリーズが原作。2019年7月期に第1期、2020年10月期に第2期が放送された。代々泥棒を家業としている「Lの一族」の娘・華と、代々警察一家の息子・和馬を軸にしたラブコメディー。

 劇場版は、三雲家、桜庭家、探偵一家の北条家、そして大泥棒の円城寺輝(大貫勇輔さん)らというルパンの娘のオールスターが集結。シリーズ初の海外を舞台とした物語と、Lの一族の秘密が描かれる。

写真を見る全 6 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る