「家、ついて行ってイイですか?」:第6話 “ディレクター”竜星涼、泥酔状態の“荒木”坪倉由幸に出会う 妻は入院中で…?

俳優の竜星涼さんが主演を務める連続ドラマ「家、ついて行ってイイですか?」第6話のワンシーン(C)テレビ東京
1 / 6
俳優の竜星涼さんが主演を務める連続ドラマ「家、ついて行ってイイですか?」第6話のワンシーン(C)テレビ東京

 俳優の竜星涼さん主演の連続ドラマ「家、ついて行ってイイですか?」(テレビ東京、土曜午後11時25分)第6話が9月18日に放送される。お笑いトリオ「我が家」の坪倉由幸さん、女優の野波麻帆さんがゲスト出演する。

 玉岡直人(竜星さん)は茨城でロケをするも、人がほとんど通らず困惑。その時、泥酔状態でベンチに横たわる荒木淳(坪倉さん)がいて、取材許可をもらう。

 荒木の妻でマンガ家の真美(野波さん)は胃がんで入院中といい、今は絵すら描けない状態らしい。荒木がそれでも笑顔で過ごす理由とは?

 後日、荒木に飲みに誘われた直人は「質問が踏み込み過ぎた」と反省するが……。

 同局の人気ロケバラエティー番組をドラマ化。竜星さん扮(ふん)する番組ディレクターの玉岡直人が、深夜に終電を逃した人たちの自宅を訪問し、それぞれの人生を探っていく。実際に番組で放送されて話題を呼んだ回が描かれる。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る