スター・ウォーズ:賞金稼ぎボバ・フェット主人公のドラマ 12月29日から「Disney+」で配信

オリジナルドラマシリーズ「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」のUS版ビジュアル(C)2021 Lucasfilm Ltd.
1 / 1
オリジナルドラマシリーズ「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」のUS版ビジュアル(C)2021 Lucasfilm Ltd.

 映画「スター・ウォーズ」シリーズに登場する賞金稼ぎ「ボバ・フェット」を主人公にしたオリジナルドラマシリーズ「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」が、12月29日午後5時から動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」独占で日米同時配信されることが分かった。また。ボバ・フェットが描かれたUS版ビジュアルが初公開された。

 「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」で初登場したボバ・フェットは、銀河一の賞金稼ぎジャンゴ・フェット(「エピソード2/クローンの攻撃」に登場)のクローンとして生まれた“息子”だ。「エピソード6/ジェダイの帰還」でルーク・スカイウォーカーやハン・ソロとの戦いの最中に命を落としたと思われたが、ディズニープラスで独占配信中の「マンダロリアン」で再登場した。

 「スター・ウォーズ」シリーズ生みの親であるジョージ・ルーカスさんは「人気が出ると知っていたらもっと活躍させて、彼が迎える最期もカッコよくしたかったと」と語るほど高い人気を獲得しているボバ・フェット。「クローンの攻撃」でジャンゴ・フェットを演じ、「マンダロリアン」からボバ・フェットを演じているテムエラ・モリソンさんは「あまり多くは言えないのですが、今作では『帝国の逆襲』以降の彼の過去を、彼の旅を知ることができます」とコメントしている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る