Going!:市來玲奈アナら4人が新スポーツ担当に 「皆さんの背中を後押しできるキャスターを目指します!」

「Going!Sports&News」で新たにスポーツ担当を務める(左上から時計回りに)市來玲奈アナ、大町怜央アナ、田辺大智アナ、忽滑谷こころアナ=日本テレビ提供
1 / 2
「Going!Sports&News」で新たにスポーツ担当を務める(左上から時計回りに)市來玲奈アナ、大町怜央アナ、田辺大智アナ、忽滑谷こころアナ=日本テレビ提供

 日本テレビのスポーツ情報番組「Going!Sports&News」(土曜・日曜午後11時55分)で、同局の市來玲奈アナウンサー、田辺大智アナウンサー、忽滑谷(ぬかりや)こころアナウンサー、大町怜央アナウンサーが新たにスポーツを担当することが10月2日、分かった。市來アナと田辺アナは土曜日、忽滑谷アナと大町アナは日曜日に出演。同日の放送から登場する。

 同番組では9月まで、後藤晴菜アナウンサー、山本紘之アナウンサー、弘竜太郎アナウンサーがスポーツを担当。後藤アナは2014年4月から約7年半、山本アナは2015年4月から約6年半、弘アナは2018年10月から約3年務めた。

 アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーで、競技ダンスの日本代表経験も持つ市來アナは、番組への就任について「とても緊張していますが同時に大変うれしく、ワクワクしております。競技ダンス以外の運動センスは果たして……?ですが、番組の持つ、明るくて温かい雰囲気を大切に、全力でスポーツの熱を伝えていきたいと思います!」とコメント。「“よし僕、私も頑張ろう!”、そんな皆さんの背中を後押しできる、スポーツキャスターを目指します! 情熱と感動をいつも心に。よろしくお願いいたします!」と話している。

 田辺アナは「5歳から大学4年生まで17年間サッカーに打ち込んできました。得意なプレーは前線からボールを追い回すことです。サッカーで鍛えた足腰を生かして現場を駆け
回ります。私自身、スポーツから本当にたくさんのことを学んできました。大好きなスポーツの魅力をお伝えできるよう、精いっぱい頑張ります」と意気込みを披露。

 忽滑谷アナは「大学時代は4年間体育会ラクロス部に所属していました。スポーツに真剣に打ち込んでいた私だからこそ分かる、選手の努力や苦労をお伝えしたいです。メジャーな競技はもちろん、日本での競技人口が少ないスポーツや、新しい競技なども、自ら取材し、時には体験することで、幅広く魅力を届けられるアナウンサーを目指します」と語っている。

 大町アナは「学生時代は大学まで野球をやっておりました。プロ野球はもちろん、スポーツが大好きで、スポーツに携わることが入社した時からの目標でしたので、Going!の担当となりうれしい気持ちでいっぱいです!」と喜びを明かし、「忽滑谷アナと、日曜日の夜にスポーツの熱さをお伝えできるよう、努めてまいります! よろしくお願いいたします!」と話している。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事