海賊戦隊ゴーカイジャー:ゴーカイガレオンは沈んだ!? ジョー「俺の知っているマーベラスなのか?」 「テン・ゴーカイジャー」予告公開

11月12日から期間限定で上映される「テン・ゴーカイジャー」のメインビジュアル (C)2021 東映ビデオ・東映AG・バンダイ・東映  (C)石森プロ・東映
1 / 2
11月12日から期間限定で上映される「テン・ゴーカイジャー」のメインビジュアル (C)2021 東映ビデオ・東映AG・バンダイ・東映  (C)石森プロ・東映

 スーパー戦隊シリーズ「海賊戦隊ゴーカイジャー」の約10年ぶりの新作となるVシネマ「テン・ゴーカイジャー」(中澤祥次郎監督)の予告映像が10月6日、公開された。鎧(池田純矢さん)が、ハカセ(清水一希さん)から「ゴーカイガレオンは沈んだ」と告げられるシーンや、ジョー(山田裕貴さん)がマーベラス(小澤亮太さん)に「俺の知っているマーベラスなのか?」と困惑する姿などが映し出されている。

 予告映像には、ルカ(市道真央さん)がマーベラスを捕らえ、「この星の人々はあなたを必要としていない」と話すシーンも登場。ルカが「勝負しませんか? あなたのレンジャーキーを賭けて」告げた後、ルカとマーベラスは対決を始める。鎧が、「この地球を守りたくないんですか!」と叫ぶ姿も映し出されている。

 6人の海賊たちが、6様の表情を見せているメインビジュアルも公開された。自信に満ちたアイム(小池唯さん)、笑みを浮かべるルカ、不安そうな表情のハカセ、苦悩に満ちた鎧、鋭いまなざしのジョー、覚悟を決めたようなマーベラス、そして背後には、破壊され、燃えていくゴーカイガレオンが写し出されている。

 また、「海賊戦隊ゴーカイジャー」の2011~12年の放送当時にスーツアクターを務めた6人が、Vシネマに再集結することも発表された。放送中の「機界戦隊ゼンカイジャー」のアクション監督・福沢博文さん、公開中の映画「スーパー戦闘 純烈ジャー」で純グリーンを務める蜂須賀祐一さん、機界戦隊ゼンカイジャーでジュランを務める竹内康博さん、フリーとして活動している野川瑞穂さん、第一線から退いていた押川善文さんと佐藤太輔さんが、今作で再びスーツアクターを務める。

 「海賊戦隊ゴーカイジャー」は、「海賊」がテーマのスーパー戦隊シリーズ第35作。変身アイテム「レンジャーキー」で、スーパー戦隊シリーズ第1作「秘密戦隊ゴレンジャー」から続く過去34作品のスーパー戦隊に変身することなどが話題となった。

 新作「テン・ゴーカイジャー」は、「ゴーカイジャー」のその後を描く物語。ゴーカイジャーが宇宙帝国ザンギャックによる侵略から地球を守り抜いた時代から10年。地球では、かつてのヒーローたちを賭けの対象とした「スーパー戦隊ダービーコロッセオ」が流行。ヒーローたちも、収益が地球の防衛費に充てられるため、協力していた。そんな中、地球にマーベラスが現れ、コロッセオの運営サイドに挑戦状をたたきつける。そこに、コロッセオに賛同する鎧が立ち塞がる……という展開。

 11月12日から期間限定で上映され、2022年3月9日にブルーレイディスク(BD)、DVDが発売される。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る