ドクターX:結城モエが“ドS”秘書に 「ドクターY」に続き再び秘書役

10月14日スタートの「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズに出演する結城モエさん=テレビ朝日提供
1 / 1
10月14日スタートの「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズに出演する結城モエさん=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の2年ぶりの新作となる第7シリーズが、10月14日午後9時に放送開始する。今作には、新キャストとして女優の結城モエさんが出演。「東帝大学病院」の外科分院長・蛭間重勝(西田敏行さん)の“ドS”な秘書・朝蜘優衣を演じる。結城さんは、昨年放送の「ドクターX」スピンオフ「ドクターY~外科医・加地秀樹~」でも別の秘書役を演じており、再び秘書を演じることになる。ここでは、結城さん演じる優衣を紹介する。

 ◇ゴシップ、スキャンダルが大好き

 優衣は、蛭間の指示をキッチリこなす優秀な秘書。一方で、ゴシップやスキャンダルが大好きで、暇さえあればスマホ片手に院内パトロールに勤しみ、噂の種を収集している。医師たちの覇権争いにはまったく興味がないものの、面白がって冷ややかに見物。時々さらっと、なかなかの“ドS”っぷりを見せる。

 ◇初回ストーリー

 初回は拡大スペシャルで、午後10時9分まで放送。ゲストとして、岡田将生さん、冨永愛さんが出演する。ニュージーランドで同国副首相のオペを成功させた未知子は、帰国後に招かれた参議院議員・一橋由華(冨永さん)主催のパーティーで、ニュージーランドで出会った呼吸器外科医・一木蛍(岡田さん)と再会する。

 その矢先、由華が急性胆のう炎を発症して倒れる。未知子は一木と共に由華に付き添い、搬送先の東帝大学病院で緊急オペを断行しようとするが、そこへ、院長代理として内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)が現れる。未知子が何者か知らない蜂須賀は、その腕前に懐疑心を抱きながらも、由華の意向を汲(く)んでオペを許可する。そんな中、由華が主催したパーティーで感染症クラスターが発生して……と展開する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る