SUPER RICH:江口のりこが「幸せのカタチ」追い求める社長に お金はあるが愛には飢えて

連続ドラマ「SUPER RICH」で氷河衛を演じる江口のりこさん(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「SUPER RICH」で氷河衛を演じる江口のりこさん(C)フジテレビ

 女優の江口のりこさんが主演を務める連続ドラマ「SUPER RICH」(フジテレビ系、木曜午後10時)が10月14日にスタートする。初回は午後10時8分から15分拡大で放送。ドラマは、幸せのカタチ=「スーパーリッチ」を追い求める主人公の波瀾(はらん)万丈の半生を描くオリジナル作品。江口さん演じるベンチャー企業の社長・氷河衛を紹介する。

 ◇お金が一番大事? 会社の業績拡大に奮闘

 衛は、電子書籍を手がける会社「スリースターブックス」の代表取締役で、これまでお金に困ったことは一度もない。「お金があれば何事も解決できる」という考えで、利益を生むためにせわしなく働く。

 一方で、幼少期に両親を亡くした悲しみから心を閉ざし、愛には飢えた人生を過ごしてきた。大学時代に出会った一ノ瀬亮(戸次重幸さん)と二人三脚で設立した会社は衛にとって人生そのもので、会社をより大きくするべく日々奔走している。

 ◇初回ストーリー

 大学時代に知り合った亮と会社を設立した衛は、優秀な女性起業家に贈られる「プラチナ・ウーマン・オブ・ザ・イヤー」の大賞に輝くまでになっていた。そんなある日、衛は亮からアプリ会社へ出資する提案を持ちかけられ、早速会議にかけるが社員たちの反応は鈍かった。

 一方、その日はインターン採用の試験日でもあった。学生たちが試験場に集う中、春野優(赤楚衛二さん)も試験を受けるために向かっていたが……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る