おかえりモネ:耕治の名前の由来判明! 土地を“耕し”、水を“治める”「まさか回収されるとは…!」

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第114回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第114回の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第114回が10月21日に放送され、耕治(内野聖陽さん)の名前の由来が明かされた。

 第114回では、回想として、雅代(竹下景子さん)と亜哉子(鈴木京香さん)の会話シーンが登場。雅代は、耕治の名前の由来について、「土地を耕し、水を治める。何があっても自分の力で踏ん張れる、そういう人になってもらいたくて付けた名前なのよ」と亜哉子に伝える。だから龍己(藤竜也さん)も、耕治に海の仕事を継いでもらいたいとは思っていなかったのではないか……ということだった。

 ついに耕治の名前の由来について明かされ、SNSでは「なるほどなぁ!って思いました」「耕治の名前の由来が、この最終盤で聞かされるとは」「名前の由来にジンとする」「ウルっときた」「農耕+治水だったのか!」「確かに漁師の息子っぽくないけど、深い意味はないんだろうと思ってた。まさか回収されるとは…!」「こうなると、百音と未知の名前の由来も知りたくなるな」といったコメントが並んだ。

 「おかえりモネ」は、「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)の脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナル作品。宮城県気仙沼生まれのヒロインが、同県の登米(とめ)で青春を過ごす中で、気象予報士の資格を取り上京。民間の気象会社に就職し、天気予報にまつわるさまざまな経験を積み、そこで得た経験をもとに故郷に戻って、人々に貢献する物語だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る