真犯人フラグ:第3話 “凌介”西島秀俊に「お話ししたい」という人物現る 家族は誘拐された? 

ドラマ「真犯人フラグ」第3話の一場面=日本テレビ提供
1 / 11
ドラマ「真犯人フラグ」第3話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の西島秀俊さん主演の連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第3話が10月24日に放送される。警察が、凌介(西島さん)の新居の基礎コンクリートからのぞく片足のローファーを詳しく調べるため、掘り起こし作業がついに始まる。

 凌介は、部下の瑞穂(芳根京子さん)にドライブレコーダーから見つかった映像を見せられる。映像には、赤い傘を差した妻・真帆(宮沢りえさん)らしき女性が、息子の篤斗(小林優仁君)の手を引き、後ろには娘の光莉(原菜乃華さん)とよく似た女子高生がが映し出されていた。3人が凌介の家族だとすると、篤斗がサッカー教室に行く直前の午後5時18分、3人は一緒にいたことになる。

 そんな中、凌介は新居を担当する林(深水元基さん)から、新居建築を中断するよう勧められる。林が止めようとしたのは、ある事情で上司の井上(戸田昌宏さん)に命令されたからでもあった。しかし、凌介は聞き入れない。

 その後凌介は、見知らぬ人物から「事件についてお話したいことがあります」というメッセージを受け取る。凌介は瑞穂と相談して、その人物と会うことに。現れたのは、ベンチャー企業「プロキシマ」の社長・一星(佐野勇斗さん)だった。一星は、真帆たちが誘拐されたと断言。さらに、誘拐した犯人に心当たりがあると言い出す。

写真を見る全 11 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る