アバランチ:第2話 女性の転落死に大物政治家の影 “牧原”千葉雄大は事件に特別な感情

連続ドラマ「アバランチ」第2話の場面写真=カンテレ提供
1 / 4
連続ドラマ「アバランチ」第2話の場面写真=カンテレ提供

 俳優の綾野剛さん主演の連続ドラマ「アバランチ」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)第2話が、10月25日に放送される。

 山守(木村佳乃さん)は、半年前に転落死した夏川洋子(中島亜梨沙さん)の調査をアバランチメンバーに命じる。東南アジアの開発途上国支援に精力的に携わってきた彼女の死を、警察は自殺と断定していたが、山守の調べでは不審な点や、ある大物政治家との関係が疑われていた。

 夏川の身辺を調査するうちに、死の直前までやり取りをしていた永井慎吾(久保田悠来さん)というジャーナリストの存在が明らかに。羽生(綾野さん)、西城(福士蒼汰さん)、リナ(高橋メアリージュンさん)は永井の自宅に向かうが、予想外の事態に遭遇する。一方、大山(渡部篤郎さん)は内閣情報調査室のエース・桐島雄司(山中崇さん)を呼び出し、アバランチについての調査を依頼する。そんな中、牧原(千葉雄大さん)はこの事件に対して、特別な感情を抱いていた……。

 ドラマは、令和の日本を舞台に、謎に包まれた集団「アバランチ」の過激で痛快な活躍を描くピカレスク・ロマン。映画「新聞記者」などを手掛けた藤井道人監督がチーフ監督として参加する。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る