日本沈没-希望のひと-:“里城副総理”石橋蓮司に視聴者憤慨「ほんまこいつ」「やりやがった」 演技力には「見事な敵役」

連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」第3話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」第3話のワンシーン(C)TBS

 俳優の小栗旬さんが主演を務める、TBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」第3話が10月24日に放送された。同話では、里城副総理(石橋蓮司さん)が国家の機密情報を漏らし、インサイダー取引を進める様子が描かれた。視聴者は「副総理ほんまこいつ……」「やりやがった」「何してんねん」と憤慨した。

 ドラマは、1973年に刊行された小松左京さんのSF小説「日本沈没」をアレンジし、主人公・天海啓示(小栗さん)らが2023年、一国の海中沈没という未曾有の危機に立ち向かう姿を描く。

 第3話では、臨海都市計画と築地再開発計画が突然延期に。参入を表明していた旧財閥系の不動産会社が一様に参入申請を撤回し、天海は国家機密の関東沈没説が外部に漏れているのではと疑う。

 調査を進めると、里城が関東沈没説を口外していたことが判明。里城は「有事に備えての協力を企業の皆さんに要請しただけ」と言うが、その企業は軒並み東京の再開発計画から手を引き、首都圏の不動産を手放して地方の中核都市の不動産を買う動きまで見られていた……という展開だった。

 里城を演じる石橋さんに対して、SNSでは「石橋蓮司のこういう悪役の演技うまいな」「はまり役すぎ。さすが」「見事な敵役」と、演技力を絶賛する声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る