津田健次郎:“桑田”佐久間由衣とのやりとりはアドリブだった! 「最愛」警視庁捜査第1係長役が「かっこいい」と話題に

連続ドラマ「最愛」に出演する人気声優の津田健次郎さん(C)TBS
1 / 19
連続ドラマ「最愛」に出演する人気声優の津田健次郎さん(C)TBS

 連続ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)に出演する人気声優の津田健次郎さん。刑事・宮崎大輝(松下洸平さん)、桑田仁美(佐久間由衣さん)の上司で、警視庁捜査第1係長の山尾敦を演じており、その“かっこよさ”や、桑田とのやりとりに注目が集まっている。ドラマを手がける新井順子プロデューサーから、シリアスなシーンが続く今作の中での“ゆるい”部分を任された、という津田さんに、撮影中のエピソードを聞いた。

 ◇放送前日から「そわそわ」 反響に喜び

 ドラマは、殺人事件の重要参考人となった実業家の真田梨央(吉高さん)、その初恋相手で事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下さん)、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎(井浦新さん)を中心にしたラブサスペンス。

 第1話が放送されるなり、視聴者による考察が盛り上がりを見せる中、「ツダケンさんすてきだった」「津田健次郎めっちゃかっこいい、声もすてき」という声も上がった。放送前日くらいから「そわそわしていた」という津田さんは、「めっちゃほっとしました(笑い)」と安堵(あんど)の表情を見せ、「『面白い』というご意見をたくさんいただいているので、本当にありがたいです」と笑顔を見せる。

 役者として、映像作品でのレギュラー出演が久しぶりという津田さんは、「お声がけいただいたことがとてもうれしくて、『ぜひぜひやらせてください!』という気持ちで臨ませていただきました。多少の緊張と、大きなワクワクがありました」と振り返る。

 ◇桑田の名前を覚えていない設定はアドリブ

 第1話では、山尾敦が、大輝、桑田らに捜査の割り振りをする様子が描かれたが、山尾が桑田の名前を覚えておらず、「くわ……」と話すと、桑田が「た!」と続けるやりとりが登場した。実は、これは津田さんのアドリブだったという。

 「台本には書かれていなくて。『これは(名前を言えずに)つまった方が面白いな』と僕が勝手に桑田の名前を覚えていない設定でリハをやらせてもらったら、そのまま採用していただいて」と明かした津田さん。事前打ち合わせはせず、佐久間さんに何も言わずにやったというが、「僕が『くわ』で止まったら、(佐久間さんが)『た、です』と(笑い)。めっちゃ楽しかったですね! お芝居の醍醐味(だいごみ)の一つだなという感じでした」と続ける。

 新井プロデューサー、塚原あゆ子監督からは、「シリアスなシーンが続く中で、山尾と桑田ぐらいでしか、ゆるめるところがないんです」という話があったといい、物語の中での“ゆるい部分”を任された。

 そんな狙いもあり、衣装合わせでは、山尾が“可愛いサブバッグ”を持っているという設定に。「超面白い!と思って。そういうものを大事にしていきたい」と話す津田さんは、自ら通販で可愛いペンを探し、塚原監督の許可を得て、現場に持ち込んだという。

 「ペンを出したいわけではなくて、『可愛いペンを持てる人間なんだ、でもすごい無骨なところもあるんだ』と芝居の一要素としてすごく大事なところになってくる気がしていて……。『家族に持たされてるのかな?』とか、『子供のものを勝手に持ってきちゃっているのかな?』とか(笑い)。いろいろな想像が膨らむのって、すごく楽しいなと思った」と話す。

 ◇“声”はまったく意識せず

 声優としても活躍する津田さん。山尾を演じるにあたり、“声”はまったく意識していないという。「感情だったり、状況だったり、関係性だったりの中で、自分の中でグルーブするものに任せて声は出していくので、『こういう声質でいこう』とは全く考えていないです。声を決めてから中身を埋めるというのは、僕の場合、どのジャンルをやるときもあまりやらない作業。自然に(役の)モードになればいいなと思っています」と明かす。

 塚原監督からは直筆の手紙をもらった。「見てくださる皆さんの金曜の夜の1時間がすてきなものになるように、私たちは頑張っていきたいと思います」という言葉が書いてあり、「こんなすてきな言葉をいただいちゃったと思って。スタッフさんも皆同じ思いで、キャストもそこに応えて。そういうものがある現場は素晴らしいなと思い、とても感動しています」と表現する。

 「佐久間さんがちょっとすっとぼけた部分も作り出してくださっているので、2人でほほ笑ましいものを作っていけたら」と意気込みを語った津田さん。最後に、視聴者に向けて、「ゆるーい部分も作っていけたら、シリアスだけではない、ある種豊かなものになっていけるのかな。1話逃すとわからなくなる可能性があるので、1話も逃さず見ていただきたい。見逃しても、TVerなどで復習をして」と呼びかけていた。

写真を見る全 19 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る