斎藤さらら:「国民の初恋」という言葉が似合う 期待の20歳女優が「JA共済連」テレビCM出演

斎藤さららさんが出演する「JA共済連」テレビCM「この地域と農業のために」編
1 / 6
斎藤さららさんが出演する「JA共済連」テレビCM「この地域と農業のために」編

 女優の斎藤さららさんが出演する、「JA共済連」の地域貢献活動紹介テレビCM「この地域と農業のために」編が11月1日、公開された。CMでは、斎藤さん扮(ふん)する主人公のJA職員が自転車を走らせ、地域の人々と日々つながり合う温かな日常を描いている。岸本梢監督は、「さららさんはオーディションのときからずば抜けて輝いていました。真っすぐな瞳と透き通った存在感はとても貴重だと思います。撮影時、現場スタッフみんなを魅了するさららさんの姿を見て『国民の初恋』という言葉が似合うなと思いました」と明かしている。

 斎藤さんは2001年9月6日生まれ、東京都出身の20歳。人気ゲーム「ビビッドアーミー」のCMなどに出演し、今年1月29日発売の雑誌「月刊エンタメ」(徳間書店)3・4月合併号ではグラビアに挑戦して、初水着を披露した。また、グリーン住宅ポイント制度(一般社団法人住宅リフォーム推進協議会)の広告動画に起用され、話題となった。

 オフショットも公開され、斎藤さんは「ライフアドバイザーとして起用していただけたことはすごくうれしかったですし、貴重な経験でした。撮影は自然豊かな場所だったので、きれいな空気を吸って、きれいな空を見て心が浄化されました。設定が少し年上の設定だったので、ナレーションの声を低くすることに苦戦しました」と撮影を振り返った。

 岸本監督は斎藤さんについて、「外見の可愛らしさだけではない強い魅力を感じました」といい、「きっとさらに大きく羽ばたいていかれると思います。これからのご活躍も期待しております!」とエールを送った。

写真を見る全 6 枚

芸能 最新記事