斎藤さらら:期待の若手女優 BS松竹東急「シネコンへ行こう!」出演 「スタッフ同士のやり取りに注目していただけたら」

BS松竹東急のドラマ「シネコンへ行こう!」で梅本茜を演じる斎藤さららさん
1 / 1
BS松竹東急のドラマ「シネコンへ行こう!」で梅本茜を演じる斎藤さららさん

 女優の斎藤さららさんが、BS松竹東急(BS260ch・無料放送)の月曜ドラマ枠(午後10時半)で7月4日から放送される「シネコンへ行こう!」に出演することが6月24日、明らかになった。斎藤さんは不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」ウェブムービーなどに起用され、注目を集める期待の若手女優。今回は、ドラマの舞台となるシネマコンプレックス(シネコン)「シネマインみらい」のアルバイトスタッフ・梅本茜を演じる。

 ドラマは、ある地方都市のシネコンを舞台としたコメディー群像劇で、主演を渡辺大さんが務め、北乃きいさんも出演。渡辺さんが、営業不振にあえぐ「シネマインみらい」の支配人として働く主人公・水沢健太、北乃さんが、シネマインに出向してきた新人マネジャー・中塚香織を演じる。斎藤さんのほか、芹澤興人さん、中山慎悟さん、三木理紗子さん、阿久澤菜々さん、久遠明日美さんもレギュラーキャストとして登場することも発表された。

 斎藤さん扮(ふん)する梅本茜は、支配人の水沢を振り回す個性豊かな登場人物の一人。「茜は仕事はダラダラしているし、集中力もないんですが、『シネマインみらい』で働くみんなが大好きです。仲が良いからこそのアルバイトスタッフ同士のやり取りに注目していただけたらうれしいです」とコメントしている。

 また「今回この作品で初めて自分自身がシネコンアルバイトとして演じましたが、いつもはお客さんとして行っているのでスタッフとして立つと不思議な感覚でした。出演が決まってから、映画を見に行く際にスタッフさんがどんな感じで働いているのかと実際のスタッフさんの動きを目で追ってしまい、共演者の方とも『見ちゃうよね!』と盛り上がり共感できてうれしくなりました」と裏話を披露していた。

テレビ 最新記事