アバランチ:第4話視聴率8.3% “羽生”綾野剛、女帝“蘭子”国生さゆりと対決

連続ドラマ「アバランチ」主演の綾野剛さん
1 / 1
連続ドラマ「アバランチ」主演の綾野剛さん

 俳優の綾野剛さん主演の連続ドラマ「アバランチ」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)第4話が11月8日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、令和の日本を舞台に謎の集団「アバランチ」の過激で痛快な活躍を描くピカレスク・ロマン。チーフ監督は映画「新聞記者」などを手掛けた藤井道人監督。

 第4話では、羽生(綾野さん)が、前話に登場した政財界の裏を知り尽くした女帝・蘭子(国生さゆりさん)と対決。蘭子に接触した羽生は、リナ(高橋メアリージュンさん)が体を張って手に入れた動画で蘭子の管理する「Kファイル」を渡すよう、取り引きを持ち掛ける。悠源館の実態が公になれば、蘭子は築き上げてきた地位や名声を失うが、ファイルを渡すわけにはいかない。焦る蘭子の行動が予想外の事態に発展する。

 打本(田中要次さん)は大山(渡部篤郎さん)とも懇意で、長年、関東医師連合会長の神崎龍臣(中丸新将さん)に目をつける。神崎の病院へ行った打本とリナは、ある女性が患者の治療の優先順を巡り、医師に詰め寄る現場に出くわす。打本は「いよいよ俺の出番」と作戦に当たり、その過去を話し……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る