カムカムエヴリバディ:「僕の人生には必要な人」 稔さんの誠実さに視聴者注目「安子ちゃんのために頑張った」

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第11回の一場面 (C)NHK
1 / 5
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第11回の一場面 (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第11回が11月15日に放送。両親に、安子(上白石さん)のことを告白した稔(松村北斗さん)の、誠実な態度に視聴者の注目が集まった。

 第11回では、英語講座を放送しなくなったラジオからは勇ましい日本軍の戦果が流れる日々。衣料品の購入や製造にも制限がかかる中、雉真(きじま)繊維は軍服や国民服の需要拡大に伴い、工場の拡大を検討していた。そんな中、春休みに帰省することになった稔。安子も稔も2人で出かけるのを心待ちに。しかし、帰ってきた稔には、千吉(段田安則さん)から事業拡大に先立って銀行の頭取の娘との縁談が持ち上がる……という展開だった。

 稔は「僕には心に決めた人がいます」と両親に報告し、縁談を断ろうとする。相手が安子だと明かすと、稔は「反対されることは分かっていました。じゃけど、僕には、僕の人生には必要な人なんです」と告白した。

 美都里(YOUさん)から「あんたはだまされとるんよ、稔」、千吉から「そねん、うちにとって何の得にもならんこと。1人暮らしが続いて人恋しゅうなったんじゃろう」と反対されてしまう稔に対して、SNSでは「よく言った!稔さん!!!」「稔さん、きっぱりと」「稔さんは安子ちゃんのために頑張ったね」「稔さん、誠実すぎるから見ていて心配になってくる」「やっぱり反対されちゃったか」「わかっていたけれど厳しいな……」「どうか実ってぇ」と応援する声であふれかえっていた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る