カムカムエヴリバディ:安子、金太の優しさに触れた千吉 視聴者の思いさまざま「心動かされた」「泣けてくる」

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第14回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第14回の一場面 (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第14回が11月18日に放送。千吉(段田安則さん)が「たちばな」を訪れ、安子(上白石さん)や金太(甲本雅裕さん)ら橘家の優しさに触れる様子が描かれた。

 第14回は、橘家では、肺を患い苦しむ杵太郎(大和田伸也さん)の枕元で、安子が懸命に声をかけていた。その頃、雉真(きじま)家では稔(松村北斗さん)が出征することが決まる。千吉(段田安則さん)は、出征までに稔と頭取の娘との縁談を取りまとめるため、頻繁に大東亜銀行の頭取と面会する。

 稔と安子の互いの気持ちを知る勇(村上虹郎さん)は、2人の結婚を許すよう千吉を説得。千吉が「たちばな」を訪れ、おはぎを食べたいと安子に尋ねるが、物資の不足で商品がなかった。気落ちしていた千吉の様子に、安子は杵太郎の供養のためにとっていたお汁粉を提供。さらに雉真繊維の足袋を履かせて、杵太郎を看取ったことを金太から聞かされる。

 千吉から思わず笑みがこぼれる場面もあり、SNSでは「千吉さんは安子ちゃんに対して心動かされたよね」「千吉さんと金太さんが対等に話してるだけで泣けてくるじゃないですか」「千吉さん金太さんが通じあいました」「『甘えもの怖い顔して食べる人おらんから』の言葉通り」「父同士の会話よかった」「千吉さんも相当切ない思いを振り切って動いている」とさまざまな声が上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る