HiHi Jets作間龍斗:“胸ぐらつかみ”を初体験「指がこんなに痛くなるんだ」 映画「ひらいて」 自身が思う“奇麗なシーン”も

映画「ひらいて」の大ヒット御礼舞台あいさつに登場したHiHi Jetsの作間龍斗さん (C)綿矢りさ・新潮社/「ひらいて」製作委員会
1 / 4
映画「ひらいて」の大ヒット御礼舞台あいさつに登場したHiHi Jetsの作間龍斗さん (C)綿矢りさ・新潮社/「ひらいて」製作委員会

 ジャニーズJr.の人気グループ「HiHi Jets」の作間龍斗さんが、11月23日に行われた映画「ひらいて」(首藤凜監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した。撮影で緊張したシーンの話題では、作間さんが暴力的な父親役を演じた萩原聖人さんについて「すごく怖かった」とコメント。劇中には、作間さんが萩原さんの胸ぐらをつかむシーンも登場し、作間さんは「初めてで、指がめちゃめちゃ痛かったんですよ! 胸ぐらつかむと、こんなに痛くなるんだって(笑い)」と振り返った。

 映画は、綿矢りささんの同名小説(新潮文庫)が原作。クラスの人気者の木村愛(山田杏奈さん)、愛がひそかに片思いする西村たとえ(作間さん)、たとえの秘密の恋人・新藤美雪(芋生悠さん)の恋模様を描く。

 この日は、観客から質問を募集し、作間さん、芋生さん、首藤監督が回答。映画のラストに描かれる、たとえが愛の顔をつかむシーンについて「あのシーンだけはたとえから愛ちゃんに歩み寄っていて、たとえの心境の変化があったのか?」と聞かれると、作間さんは「あそこで初めて愛の顔をちゃんと認識したんです。こういう顔してたんだって。たとえが心を開いたというか、そういたものがそこに詰まっているのではと思います」と語った。

 続けて「心から目が合うというシーンで、すごくきれいなシーンですよね。鶴が舞っていて……」と話すと、首藤監督は「たとえ君と愛ちゃんの歩み寄りというのは脚本段階でずっと悩んでいたので、たとえ君として顔を認識してくれたのはうれしいですね。鶴を舞わせるのはすごく大変でしたが、撮れてよかったです」と明かした。

写真を見る全 4 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る