映画興行成績:嵐のライブ映画が初登場首位 「ミラベルと魔法だらけの家」は2位発進

「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」のポスタービジュアル(C)2021 J Storm Inc.
1 / 1
「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」のポスタービジュアル(C)2021 J Storm Inc.

 11月29日に発表された27、28日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、人気グループ「嵐」初となるライブ映画「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」(堤幸彦監督)が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約15万人を動員し、興行収入は約4億4200万円を記録。11月26日の公開初日から3日間およびドルビーシネマでの先行上映の累計では、動員54万人、興行収入17億円を突破した。

 初登場作品では、ディズニーアニメーション「ミラベルと魔法だらけの家」(バイロン・ハワード監督、ジャレド・ブッシュ監督)が2位にランクイン。土日2日間で動員が約11万8000人、興行収入が約1億5200万円を記録した。ブロードウェーミュージカルを映画化した「ディア・エヴァン・ハンセン」(スティーヴン・チョボスキー監督)が5位スタートを切った。

 累計では、4位の「そして、バトンは渡された」(前田哲監督)が興行収入12億円、6位の「劇場版 きのう何食べた?」(中江和仁監督)、8位の「エターナルズ」(クロエ・ジャオ監督)がいずれも11億円、10位の「老後の資金がありません!」(前田哲監督)が10億円に達している。

 1位 ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”
 2位 ミラベルと魔法だらけの家
 3位 映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ
 4位 そして、バトンは渡された
 5位 ディア・エヴァン・ハンセン
 6位 劇場版 きのう何食べた?
 7位 土竜の唄 FINAL
 8位 エターナルズ
 9位 劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア
 10位 老後の資金がありません!

映画 最新記事