二月の勝者:“島津”羽村仁成&“海斗”伊藤駿太がそろって合格祈願 視聴者「最高の親友」 「頑張れ!」エールも続々

連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」で上杉海斗を演じる伊藤駿太さん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」で上杉海斗を演じる伊藤駿太さん=日本テレビ提供

 俳優の柳楽優弥さん主演の連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」(日本テレビ系、土曜午後10時)第8話が12月4日に放送された。同話では、Ω(オメガ)クラスの島津順(羽村仁成さん)と上杉海斗(伊藤駿太さん)が、それぞれの意思で開成中学校を目指すことに。神社でそろって合格祈願をする姿に、視聴者からは「お互いを高め合える島津くん海斗くん最高の親友」「友情泣ける」「思わずうるっときた」と感動の声が上がった。

 第8話では、順の父・弘(金子貴俊さん)が自宅で騒ぎを起こし、母・優子(遠藤久美子さん)は順を連れて家を出て、しばらく実家で過ごすことを決意。順は経済面を心配し、中学受験をやめると言い出す。

 しかし、本心では受験を諦められずにいた順。そんな順のために、黒木蔵人(柳楽さん)は経済的理由で受験を断念しようとしている生徒に向けた、開成中の奨学金制度を優子に紹介。順は「自分の力を試したい。開成を受験したい」と、再び志望校を目指すこととなった。

 一方、しばらく塾を休んでいた順を心配していた海斗もまた、開成受験に挑戦しようとしていた。久々に神社で会った順に、海斗が「島津みたいにてっぺん目指してみたい」と打ち明けると、その思いをくみ取った順は「俺も海斗も開成合格、お願いします!」と神様に手を合わせる。そして、海斗と2人で合格祈願する……という展開だった。

 SNSでは、「島津くんも海斗くんも頑張れ!」「開成受かりますように」「応援しているよ」と、2人へのエールも続々と寄せられた。

 12月11日放送の第9話では、海斗が意を決し、開成受験の意思を母・麻沙子(馬渕英里何さん)に告白。これまで優秀な双子の弟と比べられ続けてきた海斗が、その思いを初めて麻沙子に伝える様子が描かれる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る