カムカムエヴリバディ:こわもての田中が久々登場 視聴者「スーツまで同じ」「岡山編思い出した」と反応

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で再登場したこわもての田中(徳井優さん)(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で再登場したこわもての田中(徳井優さん)(C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第41回が12月27日に放送。こわもての田中(徳井優さん)が久しぶりに登場し、ツイッターでは「こわもての田中」がトレンド入りした。

 第41回では、クリーニング屋での仕事が性に合ったるい(深津さん)。時々やってくるちょっと変わったお客さん(オダギリジョーさん)の正体はつかめないままも、仕事にもだんだんと慣れていく。そんなある日、るいが一人で店番をしていると、田中というこわもての男が店にやってきて、預けた服に穴が空いていたとクレームをつけてくる。弁償だけじゃなく慰謝料を払えと迫られ、困ったるいだったが……という展開。

 田中は以前、算太(濱田岳さん)を追う借金取りとして「たちばな」にも来た人物。今回は、クリーニングに出した背広にクレームをつけ、「安心して夜道歩けんようにしたろか、こらぁ!」とほえていた。

 SNSでは「コワモテの田中、来た!」「きたーーー徳井さんwww」「借金取りのおっちゃーーん!」「また出てきた」「歳とってないな笑」「田中さんはちょくちょく出てくるんやろかw」「あの田中さんって算太の借金取りと同じ人??」「スーツまで同じ」「岡山編思い出した」といったコメントが寄せられた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る