紅白リハ:乃木坂46生田絵梨花 ラストステージでピアノも “最後”実感「ここから巣立っていくんだな」

「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した乃木坂46=NHK提供
1 / 1
「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した乃木坂46=NHK提供

 アイドルグループ「乃木坂46」が12月29日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で行われている「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した。音合わせの冒頭では、紅白が乃木坂46としてのラストステージとなる生田絵梨花さんが、ステージ中央の最前列でピアノを披露。生田さんの伴奏で、同じ1期生の秋元真夏さん、齋藤飛鳥さん、樋口日奈さん、和田まあやさん、星野みなみさんが歌い出す場面もあった。

 またステージ後方のスクリーンでは、乃木坂46のこれまでのステージや練習風景の映像が映し出されていた。生田さんは会見で、「グループにいる最後ということも実感しながら、ここから巣立っていくんだなということも感じながら、大切に歌えたらと思います」と語った。

 乃木坂46は、今年結成10周年で、紅白には7度目の出場となる。本番では、2016年発売のグループ2枚目のアルバム「それぞれの椅子」にリードトラックとして収録された「きっかけ」を披露する。

 「第72回NHK紅白歌合戦」は、俳優の大泉洋さん、女優の川口春奈さん、同局の和久田麻由子アナウンサーが司会を担当。東京国際フォーラムホールAで有観客で開催され、NHK総合ほかで12月31日午後7時半~同11時45分に放送される(途中ニュースで中断あり)。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る