細田佳央太:秋元康企画・原作「もしも、イケメンだけの高校があったら」でドラマ初主演 イケメンだらけの高校に通う平凡男子に

連続ドラマ「もしも、イケメンだけの高校があったら」で池田龍馬役で主演する細田佳央太さん=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「もしも、イケメンだけの高校があったら」で池田龍馬役で主演する細田佳央太さん=テレビ朝日提供

 俳優の細田佳央太(かなた)さん主演の連続ドラマ「もしも、イケメンだけの高校があったら」(テレビ朝日系、土曜午後11時)が1月15日に始まる。「あなたの番です」(日本テレビ系、2019年)など数々のドラマの原案を手掛ける秋元康さんの企画・原作で、細田さんはドラマ初主演。個性豊かなイケメン高校生たちが「全国選抜高等学校イケメン大会」制覇を目指して奮闘する青春コメディーだ。ここでは、細田さん演じる主人公の池田龍馬を紹介する。

 ◇メンタルクリニックの息子で、強メンタル、鈍感

 龍馬は、池田メンタルクリニックの息子で、メンタルが強く、“鈍感力”に優れている。高校受験に失敗し、2次募集で伝統的にイケメンが多く集う美南学園に合格。美南学園がどんな学校か知らずに入学し、入学式で初めて周りがイケメンばかりだと気づき驚がくする。

 ◇初回ストーリー

 入学式当日。受験校に全て落ち、2次募集で何とか合格した私立美南学園に向かう平凡な高校生・龍馬。しかし、入学式で初めて衝撃の事実を知る。美南学園はイケメンだらけの名門校だったのだ。

 海老名晴子校長(秋山菜津子さん)の口から語られたのは「全国選抜高等学校イケメン大会」優勝の目標。一体何のことかさっぱり理解できない龍馬だが、唯一話し掛けてくれた同級生・若林拓実(藤原大祐さん)の説明で、年に1度イケメン度を競い合う、通称「選抜イケメン大会」と呼ばれる大会で、美南学園はここ2年こそ全国大会を逃してはいるものの、かつては輝かしい成績を収めていた強豪校と知る。

 3カ月後には地方予選が控え、間もなく1年生の代表メンバー候補が選ばれるという。自分には無関係と思っていた龍馬は、興味なく発表を聞いていたが、そこでまさかの事件が起こり……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る