ミステリと言う勿れ:第2話 バスジャックに巻き込まれた“整”菅田将暉 “熊田翔”永山瑛太らと、ある屋敷へ

連続ドラマ「ミステリと言う勿れ」第2話の場面写真(C)フジテレビ
1 / 8
連続ドラマ「ミステリと言う勿れ」第2話の場面写真(C)フジテレビ

 俳優の菅田将暉さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「ミステリと言う勿(なか)れ」(月曜午後9時)第2話が1月17日に放送される。

 久能整(菅田さん)の乗る路線バスがジャックされた。整は犯人に目的と名前を尋ねる。犯人は犬堂オトヤ(阿部亮平さん)と名乗ったが、目的は「そのうち分かる」と言う。

 その後、バスは公園に停車。犯人は乗客たちを一人ずつトイレに行かせる。一番に行かされた整は、バス乗車前に巡査の池本優人(尾上松也さん)から連絡先を知らされていたので、メモ用紙に現状を書き、犯人に見つからなさそうな場所に置いた。

 再び走り出したバス。車内では、整が犯人を理詰めにして怒らせてしまう。逆上した犯人がナイフで襲いかかると、乗客の熊田翔(永山瑛太さん)が整をかばった。さらに乗客の坂本正雄(久保田悠来さん)は犯人を殴り倒す。一同はほっとするが、坂本は落ちたナイフを乗客たちに向ける。バスは、犯人の指示である屋敷にたどり着き……。

 原作は田村由美さんの同名人気ミステリーマンガ(小学館)。社会で当たり前とされていることに疑問を持ち、膨大な知識を基に持論を展開していく整の姿を描く。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事