カムカムエヴリバディ:突然の「るい」呼びに視聴者ドキドキ 「破壊力すごすぎ」「心臓がぎゅー」の声も

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第56回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第56回の一場面 (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第56回が1月20日に放送。
錠一郎(オダギリジョーさん)によるるい(深津さん)の呼び名が、「サッチモちゃん」から「るい」に変わり、視聴者をドキドキさせた。

 第56回では、デビューアルバムのレコーディングのため東京で生活することになった錠一郎。笹川社長(佐川満男さん)の自宅で娘の奈々(佐々木希さん)に面倒を見てもらいながら、順調に準備を進める。一方、るいは錠一郎と再会できるクリスマスライブの日を楽しみにしながら待ち続けていた。ところが、そんなるいの元に、錠一郎が奈々に手を出して、笹川社長を怒らせたという悪いうわさが届く……という展開。

 錠一郎はるいに、東京で開催されるステージが終わったら「そのまま東京で一緒に暮らす部屋探そう」と提案すると、突然「るい」と呼んで照れ笑い。「るいもそろそろ、大月さんって呼ぶのやめへん? だってるいも大月さんになるんやから」と会話を交わす一幕があった。

 突然の「るい」呼びに、SNSでは「るい呼びやばい」「るい呼びの破壊力がすごすぎ」「これはキュン死確定やな」「サッチモちゃんからるい呼びに変わったんか」「イチャイチャするやん」「アベックのやり取りムズムズするぅぅw」「突然の呼び捨てに心臓がぎゅーってなった」といった反応があった。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事