鎌倉殿の13人:ガッキー“八重”が矢文!? 次週第4回副題は「矢のゆくえ」

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第4回場面カット 義時(小栗旬さん)たちにあることを矢文で伝えようとする八重(新垣結衣さん)  (C)NHK
1 / 11
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第4回場面カット 義時(小栗旬さん)たちにあることを矢文で伝えようとする八重(新垣結衣さん)  (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)。1月30日放送の第4回の副題は「矢のゆくえ」で、新垣結衣さん演じる八重が矢文を放つシーンもあるという。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。

 第4回では、治承4(1180)年8月、ついに挙兵を決断した源頼朝(大泉洋さん)の一党は、伊豆国の目代・山木兼隆を討って初戦を飾るべく戦支度を始める。しかし、頼朝の乳母子である山内首藤経俊(山口馬木也さん)に助力を断られるなど、強大な平家の威光の前に思うように兵が集まらない。

 強気な兄・宗時(片岡愛之助さん)とは対照的に、自身の浅慮を後悔する北条義時(小栗さん)。そんな中、対岸の江間館で暮らす八重(新垣結衣さん)が義時に声をかけ……というストーリー。

写真を見る全 11 枚

テレビ 最新記事