鎌倉殿の13人:木村昴の大河デビューにファン歓喜も 以仁王、あっという間の落命「短いジャイアンリサイタルだった」

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第3回場面カット 近江・園城寺にて、兵を鼓舞する以仁王(木村昴さん) (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第3回場面カット 近江・園城寺にて、兵を鼓舞する以仁王(木村昴さん) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第3回「挙兵は慎重に」が1月23日に放送され、アニメ「ドラえもん」(テレビ朝日系)のジャイアン役などで知られる人気声優の木村昴さんが、以仁王(もちひとおう)役で登場。大河デビューを果たした。

 木村さんが演じる以仁王は、後白河法皇(西田敏行さん)の第三皇子。父・後白河法皇を幽閉し専横を極める平家を追討するため、諸国の源氏に令旨(りょうじ)を送り、決起を促す。

 男性声優によるキャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」(ヒプマイ)の山田一郎役や、特撮ドラマ「仮面ライダーリバイス」のバイス/仮面ライダーバイス役も務めている木村さんが画面に登場すると、SNSでは「ジャイアン?」「ジャイアン王」「ジャイアンの中の人!」「仮面ライダーバイス!」などとファンは歓喜。さらには「イケボ以仁王」「いい声すぎる以仁王」「リサイタル開いたり、ラップバトルしてそうな以仁王」「木村昴くん、イケメン」と盛り上がった。

 一方、謀反はあっという間に鎮圧され、木村昴“以仁王”も、登場から落命まで15分あまりだったため、「すば兄退場」「ジャイアン、わずか15分の命かよ」「ほんとにあっという間やんw」「スバにぃ、死す」「短いジャイアンリサイタルだった」「大河に木村昴出てる!と思ったら一瞬で落命あそばした」「ジャイアン帝、落命。早かった…」と早すぎる退場を惜しむ声も上がっていた。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。

テレビ 最新記事