相棒season20:第13話「死者の結婚」 ゲストに山本舞香 13年前の少女失踪と現代の殺人事件の謎

連続ドラマ「相棒season20」第13話「死者の結婚」の一場面=テレビ朝日提供
1 / 3
連続ドラマ「相棒season20」第13話「死者の結婚」の一場面=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒season20」(テレビ朝日系、水曜午後9時)第13話「死者の結婚」が1月26日に放送される。女優の山本舞香さんが、13年前に行方不明になった少女とそっくりの菅原遥香役でゲスト出演する。

 ある日、捜査1課の刑事・伊丹(川原和久さん)の元に、所轄時代に世話になった先輩刑事・黒瀬が訪ねてくる。似顔絵捜査官だった黒瀬は、現在ボランティアで、未婚のまま若くして亡くなった故人の死後の世界での幸せを願う「冥婚絵」を描いているという。

 黒瀬は数カ月前、多岐川という夫婦からの依頼で、13年前に行方不明になったままの未来という少女の冥婚絵を描いた。最近、絵とそっくりの若い女性が多岐川家にいるのを見たという。未来が無事戻ってきたのか気になって、伊丹の元に確かめに来たと打ち明ける黒瀬だが、未来が保護されたという報告は入っていなかった。

 興味を持った特命係の右京(水谷豊さん)と亘(反町隆史さん)が多岐川家を訪問すると――冥婚絵とホクロの位置まで同じ女性・遥香が現れる。遥香は未来のいとこだという。

 そんな中、引きこもりの男性が刺殺される事件が発生。現場から、なぜか問題の冥婚絵が見つかって……。

 脚本を川崎龍太さん、監督を権野元さんが担当した。

 「相棒」は、警視庁の窓際部署「特命係」の右京が、その天才的頭脳で推理し、相棒と共に難事件を解決するドラマ。シーズン20で右京と亘のコンビは7年目になった。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画