愛しい嘘~優しい闇~:第2の犠牲者が! “奈々江”新川優愛の死の真相も判明 「衝撃」「流石に予想外だったなぁ」の声(ネタバレあり)

連続ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」の第3話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」の第3話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)第3話が1月28日に放送された。同級生“不審死”事件で、奈々江(新川優愛さん)に続く第2の犠牲者が出ることが予告されていた同話。ラストの展開にSNSでは「衝撃のラスト」「今回のラストはさすがに予想外だったなぁ」「うわわ、すごい話だな!」などと反響の声が上がった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 ドラマは、講談社の無料マンガアプリ「Palcy(パルシィ)」で連載中の愛本みずほさんのマンガ「愛しい嘘 優しい闇」が原作。明るい将来が見えないまま、マンガ家のアシスタントとして働く主人公・望緒(波瑠さん)が、中学卒業から14年たったある日、不意に開催された同窓会で初恋の相手の雨宮(林遣都さん)と再会し、片思いだと思っていた彼から積極的なアプローチを受ける一方で、同級生が次々と亡くなる事件に巻き込まれていく……というストーリー。

 第3話では、望緒たちが、夫の正(徳重聡さん)からDVを受けている優美(黒川智花さん)を救うべく、優美を連れ出す計画を実行。「奈々江を偲(しの)ぶ会」を口実に、家に閉じ込められている優美を連れ出し、そこで正から優美を引き剥がして、優美を逃がそうとした。

 計画は順調に進んでいたが、優美は一人になったところ、意を決したかのように、正に振る舞うワインに白い粉を混入。そのワインを、雨宮と深沢(溝端淳平さん)が正を引き留めているテーブルに運び、献杯の音頭をとって、正がワインを飲んだことを見届けてから、何も知らない望緒と一緒に逃走した。

 しかし逃走中、優美の体に異変が。なぜか白い粉を入れたワインがすり替わり、自身で口にしてしまったことを悟った優美は「どうして……自分で選んだ結果がこれって、私ってやっぱりダメね……」と嘆き、何が起こっているか分からず心配する隣の望緒に「ごめんね、望緒」と謝罪。涙を流しながら、「奈々江を殺したの私なんだ。笑ったのよ、奈々江。私が夫に暴力を受けていることを知って『だから不倫しているんだ』って、馬鹿にして笑ったの」と告白し、吐血して倒れて……というシーンで幕を閉じた。

 SNSでは「ワイン間違えたんじゃないよね? すり替えられた!??」「ん?これって誰が入れ替えた??」「優美ちゃんどーしてそんなことを……ただただしんどい……」などの声が続々と上がり、誰がワインをすり替えたのか考察するコメントが続々と書き込まれていた。

テレビ 最新記事