おいハンサム!!:“学”高杉真宙の“怪演”が話題 「壊れっぷりが圧巻」

連続ドラマ「おいハンサム!!」に出演する俳優の高杉真宙さん=東海テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「おいハンサム!!」に出演する俳優の高杉真宙さん=東海テレビ提供

 俳優の吉田鋼太郎さん主演の連続ドラマ「おいハンサム!!」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)の第7話が、2月19日に放送された。高杉真宙さん演じる、三女・美香(武田玲奈さん)の婚約者・学について、視聴者からは「高杉真宙さんの怪演が素晴らしすぎ!」「学の壊れっぷりが圧巻」など、絶賛の声が上がった。

 第7話では、スマホの買い替えで一時的に学と連絡が取れなくなった美香が、そのことになぜか喜びを感じる。そして、自らの気持ちに気づいた美香が、学に別れ話を切り出す展開に。

 はじめは、「あのね、女の人って結婚前にそういう気持ちになるらしいよ」と冷静に対応していた学だったが、だんだん取り乱していく。「いい年して、どいつもこいつも同じようなこと言いやがって」「『ありのままの私を見て』って何? 僕のありのままだって知らないくせに」と早口で文句を言いながら、しまいには「なーんちゃって」と高笑いする学の姿が映し出された。

 SNSでは、「高杉真宙なのに、学めっちゃキモかったしお見事やわ」「この一連の怪演は真宙くんにしかできない」「真宙くんの新境地をまた見た気がする」「学さんのホラー劇場」「ほんとにやばいやつって思えるほど真宙くん演技うまい」などのコメントが書き込まれた。

 ほかにも、「学、マジで嫌いなタイプだけど目が離せない」「学さんおもろすぎ」「学がついに壊れて最高だった」という意見も上がっていた。

テレビ 最新記事