カムカムエヴリバディ:ひなた&五十嵐、映画デートで距離縮まる 視聴者もキュンキュン「どんどん素直になっていくー!」

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第81回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第81回の一場面 (C)NHK

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第81回が2月24日に放送。ひなた(川栄さん)と五十嵐(本郷奏多さん)が映画デートすることになり、視聴者から「距離が徐々に縮まっている」といったコメントが寄せられた。

 第81回では、“モモケン”こと桃山剣之介(尾上菊之助さん)と伴虚無蔵(松重豊さん)の因縁についてのうわさ話を聞いたひなたは、モモケンのCM撮影時に出会った謎の振付師(濱田岳さん)に真相を聞こうとする。だが、映画「妖術七変化!隠れ里の決闘」のリバイバル上映のチケットを渡され、話をはぐらかされる。そのチケットをほしがる五十嵐の熱意に押されたひなたは、2人で一緒に映画を見に行くことになり……という展開。

 かつて、るい(深津さん)と錠一郎(オダギリさん)がデートで見た映画「妖術七変化!隠れ里の決闘」を楽しんだひなたと五十嵐。殺陣に圧巻され、ぼうぜんとした様子で大月家に戻ると、五十嵐が回転焼き屋の前で突然倒れてしまう。原因は空腹で、大月家で夕食を共にすることになり、五十嵐は自身の出生や、時代劇への思いなどを語った。

 帰り際、袋詰めの回転焼きをお土産として渡したひなたに、五十嵐は「ありがとう、映画も」と感謝し、「俺、怖くなってきた。今日の虚無蔵さんの(演じた)左近の殺陣見て。俺、できるようになるのかな、あんなすごい殺陣」とオーディションを前に不安な心境を告白。ひなたは「何言うてんの。あんた、アラカンの50倍なんやろ、モモケンさんにも誰にも負けへんのやろ?」「頑張り。応援しているから」と背中を押す一幕があった。

 SNSでは「サンタ黒須があげたチケットが、ひなたと五十嵐くんの距離をまたぐっと縮めた」「久しぶりにピュアなキュンを感じた」「ひなたのお父さんとお母さんの初デートと同じ映画見るって何かの巡り合わせかね」「2人がどんどん素直になっていくー!」と、2人の距離感にキュンキュンしているような声が集まった。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリー。昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事