田中圭:若手女優との共演にドキドキ 大島優子とのシーンに「仲間キター!」

映画「女子高生に殺されたい」の完成披露上映会に出席した(手前左から)田中圭さん、大島優子さん、茅島みずきさん(奥)
1 / 14
映画「女子高生に殺されたい」の完成披露上映会に出席した(手前左から)田中圭さん、大島優子さん、茅島みずきさん(奥)

 俳優の田中圭さんが3月23日、東京都内で行われた映画「女子高生に殺されたい」(城定秀夫監督、4月1日公開)の完成披露上映会に出席した。若手女優の河合優実さん、南沙良さんらと共演した田中さんは「とにかくフレッシュ。目がキラキラしていて罪悪感だった」と回想。一方で大島優子さんとのシーンは「ほっとした(笑い)。仲間キター!って本当にうれしかった」と明かした。

 田中さんは年の離れたキャストとの芝居に「このままではできないと思って毎回走った。毎回走れば俺もキラキラするだろうと思って暗示をかけていた。同じ土俵に立てるように。それが唯一やった役作り」と振り返った。

 「ほっとした(笑い)」と言われた大島さんは「おい!」と低い声で突っ込み。田中さんは「いやいや違う、キラキラしていないってわけじゃない。キラキラの種類が変わったじゃない」と慌てて釈明し、「お芝居のセンスもいいし、純粋に楽しめる人なのですごくよかった」と信頼を寄せていた。

 映画の原作は、古屋兎丸さんの画業20周年記念作品として発表された同名マンガ(新潮社)。女子高生に殺されたいがために高校教師になった東山春人(田中さん)を主人公に、9年間に及ぶ“自分殺害計画”を描く。

 映画のタイトルにかけ「死んでもかなえたい強い願望」をトークする場面では、田中さんは「小さい夢から大きな夢までいっぱいある。ちょっと真面目に言うと、いまは厳しいけど日本のチームと世界で戦いたい。そういう環境を既に作っているところはあるけど、自分もそこの一員として関わりたい。死ぬまでには関わりたいですね」と話した。

 この日は南さん、河合さん、莉子さん、茅島みずきさん、城定監督も登壇した。

写真を見る全 14 枚

映画 最新記事