尾野真千子:敏腕プロデューサーも苦労人? 「ハケンアニメ!」で「自身と変わらない」キャラに共感

映画「ハケンアニメ!」の一場面(C)2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会
1 / 4
映画「ハケンアニメ!」の一場面(C)2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

 女優の尾野真千子さんが、アニメ業界で奮闘する人々を描いた映画「ハケンアニメ!」(吉野耕平監督、5月20日公開)に出演する。演じるのは、監督の才能にほれ込んでタッグを組むも、天才ゆえの傍若無人っぷりに振り回される敏腕プロデューサー、有科香屋子(ありしな・かやこ)。信じる相手のためにすべてを懸ける香屋子は、今作で最も観客に共感されるキャラクターといえる。尾野さん自身も共感するという香屋子の魅力を紹介する。

 今作は辻村深月さんの人気小説が原作。新人アニメ監督の斎藤瞳(吉岡里帆さん)と天才監督・王子千晴(中村倫也さん)が、最も成功したアニメに与えられる称号「覇権(ハケン)」をかけて争う姿を描く。キーパーソンの一人となるのが、王子が籍を置く「スタジオえっじ」の敏腕チーフプロデューサーの香屋子だ。かつてデビュー作で社会現象を起こし“天才”とあがめられながらも、それ以降、再浮上できずにいた王子を口説き落とし、彼の復帰の舞台として「運命戦線リデルライト」を企画。王子とのタッグで瞳の前に立ちはだかる。

 かつて「伝説の制作進行」と呼ばれるほど制作現場で活躍してきた“たたき上げ”の香屋子は、業界内での評判も高く、信頼も厚い。しかし、もう後がない崖っぷちの王子のため、関係各所に頭を下げ続けるなど、あらゆる手を尽くす。再起に燃える王子の才能に自身のすべてを懸け、日夜奔走する。そんな彼女の姿に心動かされた王子も、次第に信頼を置くようになり、関係が変化していく。

 尾野さんは香屋子を演じるに当たって、「プロデューサーとして、しっかり前を向いてチームを引っ張る、カッコいい人でありたいと思いました。王子監督を尊敬し、彼の夢を一緒にかなえるのが、香屋子の夢でもある」と語る。「夢を追いかけたり、好きなことを仕事にできているのはステキだなと思うので、そんな香屋子は私にとってもまぶしかったです」と明かす。

 香屋子に共感できる部分もあったといい、「私自身も撮影では監督の思いを尊重したい気持ちがありますし、そうすればきっと良いものができると思っているので、その意味では香屋子と尾野真千子は変わらないのかもしれません」と振り返った。

 原作の辻村さんも「中村倫也さんの演じる王子千晴はひょうひょうとして見えるけれど本当はものすごく泥くさく、愛や葛藤を抱えているところが立ち姿を見ただけで伝わってきましたし、その王子を見守る有科香屋子の慈愛が尾野真千子さんからもにじみ出ていて、原作者としてはこれ以上なく幸せな気持ちです」と太鼓判を押す。

 天才監督に対し、苦労人のプロデューサー。“陰の立役者”ともいえる香屋子の姿は尾野さんのみならず共感できる部分も多いだろう。「自身と変わらない」と共感した香屋子を、尾野さんがどのように体現しているのかにも注目したい。

写真を見る全 4 枚

映画 最新記事