広末涼子:マック新CMで25年前の自分と共演! 「変わんない秘訣」明かす 地元商店街に“凱旋”も

マクドナルドの新テレビCM「ベーコンポテトパイ 『変わんないふたり』篇」の限定屋外広告のビジュアル
1 / 2
マクドナルドの新テレビCM「ベーコンポテトパイ 『変わんないふたり』篇」の限定屋外広告のビジュアル

 女優の広末涼子さんが、マクドナルドの新テレビCM「ベーコンポテトパイ 『変わんないふたり』篇」で、約25年前の自身の映像と“共演”していることが4月7日、明らかになった。過去の自分から「変わんない秘訣(ひけつ)は?」と聞かれ、「変わり続けることかな」と答えるシーンが収められている。12日から放映開始。

 また、広末さんの出身地である高知市の帯屋町一丁目商店街に、限定の屋外広告が掲出されることも決定した。広告には高知弁で「戻ってきたよ」の意味を持つ「もんてきたよ」という言葉が記され、広末さんが広告として地元に帰ってきたことを表現した。13日から期間限定で掲出される。

 広末さんは、地元商店街への広告掲出について「こんな形で帰郷できるなんて、スペシャルでうれしい気持ちです」と喜びをコメント。「帯屋町のマクドナルドは、私の第二の実家!と言っても過言ではないほど、たくさん通ったお店です(笑い)。マクドナルドのポテトは私のソウルフードです」と話し、地元民に「ただいま~みんな、ベーコンポテトパイ食べてよ~!」と呼びかけている。

写真を見る全 2 枚

芸能 最新記事