すずめの戸締まり:新海誠監督3年ぶり新作劇場版アニメが11月11日公開 ヒロインすずめのビジュアル初公開

「すずめの戸締まり」のビジュアル(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会
1 / 2
「すずめの戸締まり」のビジュアル(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

 劇場版アニメ「君の名は。」(2016年)、「天気の子」(2019年)で知られる新海誠監督の約3年ぶりとなる新作劇場版アニメ「すずめの戸締まり」が11月11日に公開されることが分かった。新作は、日本各地の廃虚を舞台に、災いの元となる“扉”を閉める旅をする少女・すずめの解放と成長を描く冒険物語になる。ヒロイン・すずめのビジュアルが初公開された。

 特報映像が4月10日午後8時にYouTubeの東宝MOVIEチャンネルでプレミア公開される。公開に先駆けて、かつて小さな温泉街だったと思われる集落を歩くすずめの後ろ姿を描いたカットが公開された。

 新海監督は「あちこちで開け放しにし続けてきてしまった扉を、どのように閉めることができるのか。それをすずめに託し、戸締まりをしながら日本列島を旅する物語を作っています。笑顔と高ぶりを、見終えた後に残せるような映画にしたいのです」と話している。

 ◇スタッフ(敬称略)

 原作・脚本・監督:新海誠▽キャラクターデザイン:田中将賀▽作画監督:土屋堅一▽美術監督:丹治匠▽制作:コミックス・ウェーブ・フィルム▽制作プロデュース:STORY inc.


写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事