Mr.Children:記念の600回目「SONGS」ゲスト 大泉洋と初対談が実現 バンドの知られざる歴史次々

5月12日放送の「SONGS」にゲスト出演するMr.Childrenと“番組責任者”の大泉洋さん(左)=NHK提供
1 / 2
5月12日放送の「SONGS」にゲスト出演するMr.Childrenと“番組責任者”の大泉洋さん(左)=NHK提供

 4人組バンド「Mr.Children」が、5月12日放送のNHKの音楽番組「SONGS」(総合、木曜午後10時)に出演することが分かった。番組は同日で600回目を迎え、Mr.Childrenは記念すべき同回のゲストとして登場。“番組責任者”の大泉洋さんと初対談が実現する。

 番組では、今年でデビュー30周年を迎えるMr.Childrenが、「ポップジャム」や「NHK紅白歌合戦」など、同局に残る貴重な映像の数々と共に当時のエピソードを語る。また、結成前の意外なメンバー同士の関係やボーカル&ギターの桜井和寿さんの運転で全国を回っていたブレーク前の思い出から、「半世紀へのエントランス」と銘打った30周年ツアータイトルへの思いまで、バンドの知られざる歴史が次々と明らかになる。

 スタジオパフォーマンスでは、今年発表の新曲「永遠」「生きろ」に加えて、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」の主題歌「ヒカリノアトリエ」をテレビ初披露する。「永遠」にピアノ、ストリングスアレンジで参加した小林武史のインタビュー映像も公開される。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事