ちむどんどん:優しすぎる“母”仲間由紀恵に視聴者不満 借金も完済しておらず「まさかやー」 

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で仲間由紀恵さんが演じる比嘉優子(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で仲間由紀恵さんが演じる比嘉優子(C)NHK

 黒島結菜さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第21回が5月9日に放送され、ヒロイン一家の母・優子(仲間由紀恵さん)の行動に批判の声が続出した。

 「ちむどんどん」は、2014年度後期の朝ドラ「マッサン」などの脚本家・羽原大介さんのオリジナル作品。2022年に本土復帰50年を迎える沖縄が舞台で、沖縄料理に夢をかけるヒロイン・暢子(黒島さん)たち4兄妹の笑いと涙の物語。

 第21回では、長男・賢秀(竜星涼さん)が、実業家だという男・我那覇(田久保宗稔さん)から持ちかけられた儲(もう)け話がやはり詐欺だったことが明らかになった。母・優子を巻き込み、親戚からも借りた金は戻ってこず、家の借金をさらに増やしたばかりか、妹・暢子の上京資金のめども立たなくなってしまった。

 絶望した賢秀は、行きつけの「サンセットバーガー」でやけ酒をあおり、店内で「金を返せ」と当たり散らして、店のイスや食器などを破壊。賢秀の責任で、「サンセットバーガー」の修理代、営業できない期間の営業補償代までも比嘉家にのしかかる。

 そんな中、店に居合わせていた暢子たちの高校の音楽教師・下地響子(片桐はいりさん)が賢秀を訴えると息巻く。響子は一度賢秀と話すため、比嘉家を訪れるが、優子は、あろうことか賢秀の身を隠そうとする……。

 これまでも、長女・良子(川口春奈さん)や暢子に「お母ちゃんはニーニーに甘い」と注意されてきた優子。にも関わらず、賢秀が持ってきた儲け話にも協力して、今回の“惨事”に至った。SNSでは視聴者の「優子さんは息子に甘すぎ」「バカ息子寵愛(ちょうあい)する毒親にしか見えない」「ニーニー以上に優子さんのダメさが怖い」といった声が続々と上がった。

 また同話では、比嘉家が、7年以上前からの借金を完済していないことも明らかになった。SNSでは「まさかやー。前からある借金、返済終わってなかった」と驚きの声や、それにも関わらず、さらに借金を重ねた優子に対して「息子に懇願されたからって、借金重ねてまで金渡すって意味が分からん」と批判する声が上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る