パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~:地下アイドル役で天木じゅん登場 笑顔に「可愛かった」「推せる」の声

連続ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」第4話で岡澤まひるを演じた天木じゅんさん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」第4話で岡澤まひるを演じた天木じゅんさん=日本テレビ提供

 俳優のディーン・フジオカさん主演の連続ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第4話が5月14日、放送された。グラビアアイドルの天木じゅんさんが、地下アイドルの“まひまひ”こと岡澤まひる役でゲスト出演。「天木じゅんちゃんのまひまひ可愛い」「天木じゅん出てきてびっくりしちゃった」と視聴者の間で話題になった。

 ドラマは、科学犯罪対策室を創設した理系出身の警察官僚・小比類巻(こひるいまき)祐一(ディーン・フジオカさん)が、天才科学者・最上友紀子(岸井ゆきのさん)をアドバイザーに迎え、最先端科学にまつわる事件を捜査する姿を描く。

 第4話では、突発的で不可解な飛び降り事件が連続して発生。小比類巻と長谷部勉(ユースケ・サンタマリアさん)が捜査を進めると、自殺者は皆、「ジョイン」と呼ばれるVRゲームのプレーヤーと判明する……という展開だった。天木さん演じるまひるは、アプリを使ったライブ配信中に突然、自身の部屋の窓から飛び降りるが、一命を取りとめた。

 配信映像では、まひるが満面の笑みを浮かべていて、SNSでは「可愛かったなあ。まひまひ」「やっぱり天木じゅんちゃんは推せる」「まひまひは助かって良かった!」といったコメントが並んだ。

 病院に駆けつけていたまひるのファンに、小比類巻と最上が事情を聴くシーンでは、まひるのことを“まひまひ”と呼ぶファンに合わせて、小比類巻も「まひまひさん」と言っており、「コッヒー、まひまひ呼び受け入れるの早いな」「一瞬で順応するコッヒーwww」「いつでも誰でも丁寧なコッヒー」といった声も上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画