ちむどんどん:高嶋政伸が25年ぶりの朝ドラ出演 心優しく、勇敢な料理長に

連続テレビ小説「ちむどんどん」で二ツ橋光二を演じる高嶋政伸さん (C)NHK
1 / 1
連続テレビ小説「ちむどんどん」で二ツ橋光二を演じる高嶋政伸さん (C)NHK

 黒島結菜さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第6週「はじまりのゴーヤーチャンプルー」(5月16~20日)から、二ツ橋光二役で俳優の高嶋政伸さんが登場する。

 「ちむどんどん」は、2014年度後期の朝ドラ「マッサン」などの脚本家・羽原大介さんのオリジナル作品。沖縄料理に夢をかけるヒロイン・暢子(黒島さん)と、強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の物語となる。

 高嶋さんは1997年度前期の「あぐり」以来、25年ぶりの朝ドラ出演。演じる二ツ橋光二は、暢子の勤めるイタリアンレストランの料理長。 厳格なオーナー・房子(原田美枝子さん)を敬い、しもべのように仕える一方で、優しい性格と確かな技術で厨房(ちゅうぼう)をけん引する。店のピンチ、房子の危機には誰よりも勇敢に立ち上がる男だという。

 第6週では、高校を卒業した比嘉暢子は、本土復帰した沖縄から東京に、料理人になるためにやってきた。大都会の人混み、行き交う車に衝撃を受け、そして銀座のレストランの西洋料理にびっくり! レストランのオーナーらの失笑を買う。

 そして、兄・賢秀(竜星涼さん)がいるはずの場所を訪れたところ、衝撃の事実が待っていた。上京初日から、暢子に人生最大のピンチが訪れる……。

テレビ 最新記事