南沙良:大西流星と共演の映画「この子は邪悪」 不穏なティザービジュアル公開

映画「この子は邪悪」のティザービジュアル(C)2022「この子は邪悪」製作委員会
1 / 1
映画「この子は邪悪」のティザービジュアル(C)2022「この子は邪悪」製作委員会

 女優の南沙良さんが主演し、人気グループ「なにわ男子」の大西流星さんと共演する映画「この子は邪悪」(片岡翔監督)のティザービジュアルが5月16日、公開された。南さん扮(ふん)する、心に深い傷を抱えた主人公・窪花を真ん中に、大西さん演じる、花と心を通わせる少年・四井純、桜井ユキさん演じる花の母・繭子と玉木宏さん演じる父・司朗、さらに顔にやけどを負った花の妹・月(るな)が並んだ一枚の写真が、なぜか“切り刻まれた”ビジュアルで、「世にも奇妙な家族の話」という不穏さを表現したキャッチコピーも添えられている。

 また、メリーゴーランドに乗る幸せそうな4人の家族が不慮の事故に遭うシーンから始まる特報映像も公開された。花は心に傷を負ったまま、5年の歳月が流れるが、ある日、司朗が植物状態から目を覚ました母を連れて家に帰ってくる。「お母さんだよ、目を覚ましたんだ」とうれしそうに言う父と、母と抱き合う妹を見て、花は違和感を覚える。

 それ以来、父も妹も母もみんなおかしいと感じていた花は、「あの人はお母さんじゃなかった」と純に助けを求め、純も優しいまなざしで「大丈夫だよ、僕がそばにいるから」と花に寄り添うが……という内容となっている。

 映画は、片岡監督が脚本も手掛けた。心理療法室院長・窪司朗の娘である花は、かつて一家で交通事故に遭い、司朗は足に後遺症が残り、母・繭子は植物状態に、妹は顔に重度のやけどを負う。心に深い傷を抱える花のもとに、母の心神喪失の原因を探る高校生・四井純が訪れる。花は、純と次第に心を通わせるが、ある日突然、司朗が5年間の植物状態から目を覚ました母を連れて家に帰ってくる……というストーリー。

 本作の公開日が9月1日に決定したことも、発表された。

映画 最新記事