目黒祐樹:兄・松方弘樹さんとの思い出 孫との日々、妻との2人暮らしも 「徹子の部屋」で明かす

5月18日放送の「徹子の部屋」に出演する目黒祐樹さん=テレビ朝日提供
1 / 3
5月18日放送の「徹子の部屋」に出演する目黒祐樹さん=テレビ朝日提供

 俳優の目黒祐樹さんが、5月18日午後1時から放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演する。兄・松方弘樹さんが逝去して5年、今でも「電話を架ければ出そうな気がする」という目黒さんは兄との思い出を語る。

 松方さんは目黒さんの5歳上。幼い頃から、チャンバラごっこや相撲遊びをしても全くかなわなかったという。20歳過ぎの頃、相撲で初勝利。その時の松方さんの反応を明かす。

 子役から俳優をしている目黒さん。昔共演が多かったのは「アラカン」の愛称で絶大な人気を誇っていた嵐寛寿郎さん。秘蔵映像と共に、嵐さんとのとっておきの思い出を語る。

 3年前に初孫が誕生し、おじいちゃんになった。孫との日々、妻との2人暮らしについても話す。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画