ラブオールプレー:小松未可子が“謎だらけの女の子”に バド部の青春「まぶしすぎます」 テレビアニメ追加キャスト

「ラブオールプレー」に出演する小松未可子さん
1 / 1
「ラブオールプレー」に出演する小松未可子さん

 小瀬木麻美さんのバドミントンを題材にした小説が原作のテレビアニメ「ラブオールプレー」に声優として小松未可子さんが出演することが5月21日、分かった。小松さんは、横浜湊高校バドミントン部の練習をのぞきに来ている女子生徒の一人、櫻井花を演じる。

 小松さんは、花について「まだまだ謎だらけの女の子」といい、「とても穏やかな子なのですが、バドミントンのことになると思わず熱くなってしまいます。彼女のすてきなギャップと、どのように物語に関わっていくのか、とても楽しみにしています」と話している。

 視聴者に向けて「まさしく青春! 熱い思いをバドにささげながら、仲間と共に過ごす時間がとにかくまぶしすぎます。花ちゃんとして物語に関わってからまだ日が短いのですが、スポーツにかける青春、仲間と生み出す青春、そして恋愛模様も……? まだまだ楽しみな展開が待っていますので、ぜひご期待ください!」とメッセージを送った。

 「ラブオールプレー」は、高校のバドミントン部を舞台に、中学時代は無名だった主人公・水嶋亮がインターハイ優勝を目指し、トップアスリートへと成長していく姿が描かれる。アニメは劇場版アニメ「PEACE MAKER 鐵(くろがね)」などの竹内浩志さんが監督を務め、「世界名作劇場シリーズ」などの日本アニメーションと「妖怪ウォッチ」シリーズなどのOLMが制作する。読売テレビ・日本テレビ系で毎週土曜午後5時半に放送。

アニメ 最新記事