高野麻里佳:「ハケンアニメ!」で実写映画初出演 声優役に「身が引き締まる」 アフレコシーンに気合

「ハケンアニメ!」の舞台あいさつに登場した高野麻里佳さん
1 / 5
「ハケンアニメ!」の舞台あいさつに登場した高野麻里佳さん

 アニメ業界で奮闘する人々を描いた辻村深月さんの人気小説が原作の映画「ハケンアニメ!」(吉野耕平監督)の舞台あいさつが5月21日、丸の内TOEI(東京都中央区)で開催され、声優の高野麻里佳さんが登場した。女優の吉岡里帆さんが、新人アニメ監督・斎藤瞳役で主演を務める映画で、高野さんは劇中に登場するアニメ「サウンドバック 奏の石」の主人公・トワコ役を務める声優・群野葵を演じた。高野さんが実写映画に出演するのは初めてで「私自身も声優なので、声優役として身が引き締まる作品でした」と思いを語った。

 高野さんは「アフレコシーンは、皆さんにご満足いただけるようなシーンになれば!と気合を入れていた部分もあります」と話し、観客に「アフレコシーンはいかがですか?」と聞くと、大きな拍手が起こり、「ありがとうございます!」と喜んだ。

 「ハケンアニメ!」は、新人アニメ監督・斎藤瞳が監督デビュー作で、憧れのスター監督・王子千晴と、最も成功したアニメに与えられる称号「覇権(ハケン)」を争うことになる……というストーリー。舞台あいさつには、吉岡さん、中村倫也さん、柄本佑さん、尾野真千子さんらも登壇した。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事