稲垣来泉:朝ドラで話題の子役が綾野剛の娘に 日曜劇場「オールドルーキー」

日曜劇場「オールドルーキー」に出演する(左から)稲垣来泉さん、泉谷星奈さん(C)TBS
1 / 1
日曜劇場「オールドルーキー」に出演する(左から)稲垣来泉さん、泉谷星奈さん(C)TBS

 放送中のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」で、ヒロインの幼少期を演じて話題を呼んだ子役の稲垣来泉(くるみ)さんが、7月期にTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で放送される連続ドラマ「オールドルーキー」に出演することが5月23日、明らかになった。主演の綾野剛さん演じる新町亮太郎の長女を稲垣さんが演じる。

 稲垣さんが演じるのは、サッカーの日本代表だった父・亮太郎を誰よりも誇りに思う、小学生の新町泉実(いずみ)。かっこいいと思っていた父だったが、突然現役を引退したことを受け入れられず、父との関係に深いひびが入ってしまうという役どころ。

 子役の泉谷星奈(らな)ちゃんが、次女の新町明紗(めいさ)を演じることも発表された。NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、源義経の娘役を演じた経験もある星奈(らな)ちゃんだが、「オールドルーキー」のオーディションでは自然な演技を披露して、父のことが大好きな幼稚園児の明紗を演じることになったという。父が現役引退をした意味がまだ理解できない年ごろで、父と姉がギスギスしているのを悲しい気持ちで見ている。

 ドラマは、「HERO」や「海猿」シリーズ、NHK連続テレビ小説「まんぷく」などを手がけた福田靖さんが脚本を担当するオリジナル作品。現役を引退したサッカー元日本代表の新町が、現役アスリートの代理人やマネジメントを行う会社で働きながら、セカンドキャリアを歩む姿を描く。

テレビ 最新記事