マイファミリー:“誘拐犯”判明もさまざまな声 「主犯じゃない気が」「誰かかばってる?」(ネタバレあり)

ドラマ「マイファミリー」第7話の一場面(C)TBS
1 / 1
ドラマ「マイファミリー」第7話の一場面(C)TBS

 二宮和也さんが主演するTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「マイファミリー」第7話が5月22日、放送された。ラストでは、鳴沢夫妻の娘・友果(大島美優さん)の誘拐を意外な人物が自白する展開に。視聴者からは、「衝撃的な展開」「どういうことだよ!」と驚きの声が上がる一方で、「真犯人じゃないと思いたい!」「完全に悪者の顔には見えない」といった声も上がっていた。

 ◇以下、ネタバレがあります

 第7話では、温人(二宮さん)の会社「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の社員・鈴間亜矢(藤間爽子さん)が犯人と分かり、温人は鈴間の身辺を調べつつ、共犯の存在を考える。ハルカナの社外取締役・阿久津晃(松本幸四郎さん)の娘・実咲(凛美さん)が誘拐され、安否を心配する中、温人らはビジネスパートナーの立脇香菜子(高橋メアリージュンさん)への疑いを強めるが……。

 ラストでは、自宅に仕掛けられた盗聴器を発見した温人が、元刑事の東堂樹生(濱田岳さん)に「犯人は……お前なのか?」と尋ねる展開に。東堂は、「俺が誘拐した」と自白して……。

 SNS上では、「東堂さんが犯人!? 衝撃的な展開!」「とどっちが真犯人じゃないと思いたい!」「『俺が誘拐した』って東堂の顔、完全に悪者の顔には見えないのよ……」「『俺が誘拐した』って、『俺は誘拐だけした』とも聞こえるよね」などの感想が書き込まれた。

 ほかにも、「ニノが真犯人にファミリーと脅されお金を運ぶ役割をやっているように、東堂も真犯人に脅されて誘拐する役割を担ってるとか?」「でもなんか東堂は主犯じゃない気がする。誰かかばってるのか? 弱み握られてるのか?」「ここで東堂を犯人に見せるなら東堂は主犯ではないってことだろうな」といった意見も上がるなど、盛り上がりをみせていた。

テレビ 最新記事