Kis-My-Ft2宮田俊哉:「プリキュア」初出演で一人二役に挑戦 「デリシャスパーティ プリキュア」で生徒会長・菓彩あまね双子の兄に

「デリシャスパーティ プリキュア」に出演する宮田俊哉さん(左) (C)ABC-A・東映アニメーション
1 / 11
「デリシャスパーティ プリキュア」に出演する宮田俊哉さん(左) (C)ABC-A・東映アニメーション

 人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイ)」の宮田俊哉さんが、人気アニメ「プリキュア」(ABC・テレビ朝日系)シリーズの第19弾「デリシャスパーティ プリキュア」に声優として出演することが5月24日、分かった。宮田さんが「プリキュア」シリーズに出演するのは初めて。和実(なごみ)ゆい/キュアプレシャスが通う中学校の生徒会長・菓彩あまねの双子の兄、ゆあんとみつきを演じ、一人二役に挑戦する。ゆあんとみつきは、6月5日放送の第13話から登場する。

 アニメ好きで知られる宮田さんは「『プリキュア』という長い歴史のある作品に、僕が出演させていただけることを本当にうれしく思っています」と出演を喜び、「全力で頑張ってお芝居をしますので、ぜひ見てください。よろしくお願いします」とコメントを寄せている。

 一人二役に挑戦することになり、「びっくりしましたよ。どんな役なんだろうって、すごく思いましたね」と話し、「二人のキャラクターを見た時に『めっちゃカッコいいじゃん!』と思って、そこからもうワクワクしました。ゆあんとみつきは双子なんですけど、表情も少し違って、性格も違う感じが見た目からも伝わりますし、二人ともおしゃれなんです。ゆあんは熱血、みつきは優しいお兄ちゃんという感じなんですけど、自分の中で、どういうゆあん、どういうみつきにしようかっていうことをすごく考えました。一人二役というのはハードル高いなぁって思いましたけど、頑張りました!」とアフレコを振り返った。

 「プリキュア」シリーズについて「『プリキュア』は本当に歴史のある作品ですし、一話一話にエンターテインメントが詰まっています。いろいろな感情も、ショーのような変身シーンや、バトルシーンも、毎話たくさん詰まっているので、本当に30分で見られるエンタメだと思います。僕たちもエンターテインメントをたくさん届けていく人間として、すごく参考になります。小さいお子さんから大人の皆さんまで楽しめる作品なので、エンターテインメントの根底は『プリキュア』にあるなぁと毎話感じています」と思いを語った。

 絶対に諦めず、どんな困難にも立ち向かうプリキュアの姿を見て「諦めないって、シンプルだけど一番難しいこと」と感じているといい、「でも僕は『諦めなければ絶対に夢はかなう』と思っています。諦めずに頑張っているプリキュアの皆が、一度諦めてしまった人たちも救っているはずです。自分も『プリキュアのようなアイドルになれたらいいな』と思います」と話している。

 「デリシャスパーティ プリキュア」のモチーフは「ごはん」で、テーマは「ありがとうの気持ち」「シェアする喜び」、キーワードは「ごはんは笑顔」。世界中のおいしい料理が集うステキな街・おいしーなタウンを舞台に、プリキュアがみんなの“おいしい笑顔”を守るために活躍する姿を描く。ABC・テレビ朝日系で毎週日曜午前8時半に放送。

写真を見る全 11 枚

アニメ 最新記事