西島秀俊:永野芽郁の“おじさん部下”に 7月期“火10”ドラマ「ユニコーンに乗って」

連続ドラマ「ユニコーンに乗って」に出演する西島秀俊さん (C)TBS
1 / 5
連続ドラマ「ユニコーンに乗って」に出演する西島秀俊さん (C)TBS

 俳優の西島秀俊さんが、女優の永野芽郁さん主演で7月期に放送される連続ドラマ「ユニコーンに乗って」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが5月24日、明らかになった。成川佐奈(永野さん)がCEOを務める「ドリームポニー」に部下として転職してくる、“おじさんサラリーマン”の小鳥智志(ことり・さとし)を演じる。西島さんが同局の「火曜ドラマ」枠に出演するのは初めて。

 ドラマは、「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」「ナイト・ドクター」(共にフジテレビ系)などの大北はるかさんのオリジナル作。自ら起業した教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」のCEOを26歳の若さで務める佐奈の元に、ある日突然、会社の雰囲気とは全く異なる中年サラリーマン・小鳥が転職してきたことで、佐奈の仕事や恋の環境が一変して……というストーリー。

 西島さん扮(ふん)する小鳥は、地方銀行に約25年勤めていたが、ある出来事をきっかけに48歳で転職活動を開始。転職サイトで見つけた「ドリームポニー」の面接を受け、採用される。小鳥は、年齢差のある若い社員とのギャップやスタートアップ企業の風習に戸惑いながらも、必死に学ぶ日々を楽しみ、新たなやりがいを感じていく。入社当初は佐奈と気が合わないが、次第にさまざまな場面で佐奈を支え、影響を与え合う存在になる。

 西島さんは「世代や価値観の違う者同士がゆっくりと歩み寄り、やがて尊敬し合う。難しいことだからこそドラマで丁寧に演じたいと思います。すてきな大人の青春ドラマになると思います」と語っている。

 併せて、杉野遥亮さんの出演も発表された。杉野さんは、佐奈と「ドリームポニー」を起業し、ビジネスパートナーとして一番近くで苦楽を共にしてきた須崎功(すざき・こう)を演じる。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画