鎌倉殿の13人:第21回「仏の眼差し」 願うは「北条の繁栄と安泰」? 八重、義時に「あなたがいなければ…」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第21回場面カット 「小四郎殿でよかったと思っています」と伝える八重(新垣結衣さん)とうれしそうな義時(小栗旬さん) (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第21回場面カット 「小四郎殿でよかったと思っています」と伝える八重(新垣結衣さん)とうれしそうな義時(小栗旬さん) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第21回「仏の眼差(まなざ)し」が5月29日に放送される。予告編には、「日本(ひのもと)をめぐる駆け引き」「北条の繁栄と安泰と――」といった文字が映し出され、八重(新垣結衣さん)が義時(小栗旬さん)に向けた「あなたがいなければ、源頼朝(大泉洋さん)だって今もただの流人ですよ」とのせりふも収められている。

 第21回では、源義経(菅田将暉さん)を失った奥州に攻め込み、藤原泰衡(山本浩司さん)を討ち取る頼朝。義時、畠山重忠(中川大志)らが在りし日の義経をしのぶ中、頼朝は毅然(きぜん)と上洛(じょうらく)に向けて動き出す。一方、京の後白河法皇(西田敏行さん)は丹後局(鈴木京香さん)と今後の動静を憂慮し、来るべき日に備えていた。

 そんな中、鎌倉では八重が子供たちの世話に奔走。八重の明るい表情に、政子(小池栄子さん)も目を細めるが……

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。

テレビ 最新記事